昨年末から今年にかけて、「やせたね」と言われるようになりました。実は1年半くらいかけて体質改善して、体重を8キロ落としたんです。ダイエットに詳しいトレーナーの方に食事法などを教わりながら、ちょっとした工夫をしていきました。

「厳しくなくても、小さな積み重ねで成果は出ると思う」と語る小林真樹子さん=沖縄タイムス社

 まずは食事。最初に野菜、肉・魚、最後に炭水化物を食べる、食べる順ダイエット。「そんな食べ方しておいしいねー?」と言われるんですが、慣れると意外に平気なんですよ。

 量は朝・昼はしっかり、夜は控える。食べるのが好きで以前は大盛りで食べていたんですが、腹八分に慣れると大盛りしなくなりました。

 私は運動が苦手で、ジョギングはできないのですが、歩くことを意識しました。少し遠い駐車場に車を止めるとか、日常の中で歩く時間を増やした。普段は20~30分くらい、時間があるときは夫とおしゃべりしながら1時間くらいのウオーキング。血の巡りを良くするのに大切な、ふくらはぎの筋肉を鍛えることを意識して。

 ストイックじゃないのがよかったのかもしれません。半年くらい体重は変わらなかったんです。結果が出なくても、体にいいこと、機能強化に意味のあることだと考えて続けました。

 本当にちょっとしたことなんです。ジュースをやめて水にするとか、習慣で立ち寄っていたコンビニに寄らない、お菓子は買ってまで食べないとか。小さな積み重ねもばかにならないんですよ。

 何もやらないよりは何かやったほうがいいと1歩でも、半歩でも進めたらいい。ぐうたらな私が続けられたというのは自分でも驚きなんですが、正しい知識を持って積み重ねていくと、半年後、1年後には絶対変わると思います。

…………………………………

 こばやし・まきこ 那覇市出身。桜美林大経営政策学部卒業。2001~10年琉球放送(RBC)アナウンサー。10~11年英ロンドン留学、帰国後フリーになり、イベントの司会、CM出演など。「沖縄BON!!」(RBC)にレギュラー出演中。