名護市辺野古への新基地建設で、キャンプ・シュワブ周辺の漁船などの立ち入りを禁止する水域が拡大され、沖縄防衛局の海上でのブイ(浮標)設置や調査の着手は秒読み段階に入った。政府は手を緩めず作業を進める考えだが、反対派は警戒を強めており、現場での衝突も懸念される。