【名護】農業生産法人の勝山シークヮーサー(名護市、山川良勝代表取締役)が製造・販売する沖縄県産果汁100%の「Sea-Sun勝山シークヮーサー 500ミリリットル」が、国際味覚審査機構(iTQi)の優秀味覚賞部門でクリスタル味覚賞を受賞した。クリスタル味覚賞は3年連続で三つ星を獲得した商品に贈られる賞で、沖縄県内で初めて。2014年のモンドセレクション金賞も受けた。

稲嶺進市長(左から4人目)に受賞を報告した山川良勝代表(同5人目)=2日、名護市役所

 山川代表らは2日、名護市役所に稲嶺進市長を訪ね、受賞を報告。山川代表は「農家と一緒になって、おいしく、体にいい物を作ってきたことが評価された。市の特産品として確立したい」と意気込んだ。

 稲嶺市長は「(受賞は)なかなかできることじゃない。素晴らしい」と激励。市特産品の販売に特化した拠点を設けて、さらにPRしていく考えを伝えた。

 同社によると、爽やかな香りや味から、レモンに変わり得る新しい商品と評価されたという。

 同商品は県内の量販店やわしたショップなどで販売している。価格は1800円(税別)。