18~19世紀の琉球漆器や書が並ぶ企画展「守れ! 琉球の宝」が4日から、那覇市の首里城公園で始まった。琉球王国の崩壊や沖縄戦で所在不明だった美術工芸品が展示されている。9月11日まで。入館料は大人820円。

亀形の酒器や琉球漆器に見入る人たち=4日、那覇市・首里城公園

 黒漆に、龍(りゅう)と瑞雲(ずいうん)が貝殻の真珠層で描かれた大型の食器「東道盆」や、亀の形をした酒器など計22点が会場に並んでいる。