「花と水とパインの村-東村観光・物産と芸能フェア」(主催・東村、沖縄タイムス社)が4日、那覇市久茂地のタイムスビルで始まった。6日まで。

東村特産のパイナップルの試食コーナーは多くの来場者でにぎわった=4日、那覇市久茂地・タイムスビル(金城健太撮影)

 生産量日本一として知られる村のパイナップルの試食・販売コーナーには多くの買い物客が訪れ、新鮮なパイナップルに舌鼓を打った。2階のタイムスギャラリーでは、東村出身のプロゴルファー宮里3きょうだいの写真展や紅型工芸品の小物販売もある。

 オープニングセレモニーで、伊集盛久村長は「東村の魅力を十分満喫してほしい」と来場を呼び掛けた。

 物産フェアは5日午前10時~午後6時、6日は午後5時まで。5日午後3時からは伝統芸能公演(入場無料)、6日は午後1時からと午後2時半から2回、大道芸のイベントがある。