【平安名純代・米国特約記者】米国防総省は3日、最新鋭ステルス戦闘機F35のエンジン検査が完了するまで、全機の飛行中止を命じたと発表した。6月23日にフロリダ州のエグリン空軍基地で離陸直前に起きた出火事故を受けた。検査結果を待って再開の是非を判断する。

 同機の製造元は米ロッキード・マーチン、エンジンは米プラット・アンド・ホイットニー社。同社は国防総省や米軍と協力して原因の究明を進めているが、まだ特定されていない。

 F35は、英国で来週開催される国際航空ショーで、米国外で初めて飛行を披露する予定だが、国防総省は「参加するかどうかは来週前半に最終決定する」としている。

 F35は米英を中心に約9カ国の軍需企業が参加している国際プロジェクトで、11カ国が導入する予定。日本は最終的に42機を調達する方針。受注機数は3千機を超えると予測されており、防衛装備の調達プログラムでは史上最大規模といわれている。

 出火事故は、エグリン空軍基地の滑走路で発生。パイロットが離陸の準備をしていたところ、機体後方のエンジン付近から火が出ていたという。けが人はなかった。