沖縄県三線製作事業協同組合(渡慶次道政理事長)の初めての店舗が6日、那覇市安里の通称病院通りに開店する。組合加盟の三線職人の作品約100丁を展示販売し、沖縄県産三線の普及拡大を図る。

県三線製作事業共同組合の新店舗で三線を見比べる来店者=5日、那覇市安里

 5日、同店で開店式典が開かれ、渡慶次理事長は「うちなーから世界へ、一家に1丁と言わず、2丁3丁と広げていきたい。職人も腕に磨きをかけていく」と抱負を語った。

 店舗には組合の事務所も併設される。一般向けに三線の演奏と製作の教室も開く予定だ。8月6日まで特別価格での販売などを行っている。問い合わせは電話098(884)8288。