読谷の「守備の男」大湾近晃が、バットでチームを勝利に導いた。延長十回に劇的なサヨナラ安打を放ったヒーローは「自分が決めるつもりだった」と喜びをかみしめた。 試合は序盤に1点ずつを取り合うも、攻め手を欠いて投手戦に突入。酷暑の中、上原健監督は動きの悪い選手を迷いなく交代させた。