春王者の糸満は、エース赤嶺祥吾が西原打線を1安打完封、三塁を踏ませない好投で初戦を突破した。 「大会前の練習試合では、変化球を多投し打たれた」という赤嶺。反省を生かし、この日最速145キロのストレートを中心に、変化球を織り交ぜて凡打の山を築いた。「前半は思いっきり。