非常に強い台風8号は6日午後6時現在、フィリピンの東にあり、勢力を強めながら時速25キロで西北西に進んでいる。気象庁によると、さらに発達しながら北西に進み、8日には猛烈な台風となって沖縄本島にかなり接近するおそれがある。

 中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。中心から190キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。

 沖縄地方や奄美地方では7日から大しけとなる見込み。【沖縄タイムス+プラス】