高校野球の第96回全国選手権沖縄大会第7日は6日、コザしんきんスタジアムほかで2回戦6試合を行った。美里工業、名護、浦添商業、宜野座、コザ、真和志が3回戦に進み、16強が出そろった。

 美里工業は初回に4点を先制し、8―1で那覇工業を下した。名護は1―1の九回、国吉緑造の中犠飛で1点を追加し、2―1で中部商業に競り勝った。浦添商業は15安打を放ち、9―3で普天間を下した。

 宜野座は七回、打者12人の猛攻で一挙8点を奪い、11―7で浦添工業に競り勝った。コザは3投手の継投で3―0で昭和薬付属に勝利。真和志は延長十回、8―7で南風原にサヨナラ勝ちした。第8日は12日、3回戦8試合が行われる。