大型で非常に強い台風8号は6日午後9時現在、フィリピンの東海上にあり、勢力を強めながら時速約25キロで西北西へ進んでいる。沖縄本島地方で徐々に速度を落としながら向きを東寄りに変え、本島地方に接近する8日午後には、中心付近の最大風速が54メートル以上の猛烈な台風になる恐れがある。本島地方への接近時に最も発達する見込みで、沖縄気象台は「台風では全国初となる特別警報を発令する可能性もある」として、風雨への厳重な対策を呼び掛けている。

台風8号(6日21時現在)

 中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。中心から190キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。