けがで控えに回った元4番の一振りが、チームを生き返らせた。 宜野座3-4で迎えた七回2死三塁、仲間大樹監督は4番に代え松川竜希を打席に送った。秋は4番を打っていたが、春の大会前に左足首靱帯(じんたい)を痛めてスタメンを外れた松川。序盤から、指揮官に「必ず終盤にチャンスが来る。