シード勢最後の登場となった美里工業は、8-1で那覇工業を下し、16強入りした。 打線は一回1死走者なしから、2番神田大輝からの4連打、さらに7番高江洲大夢の右犠飛などで4点を奪った。しかしそれ以降はつながりを欠き、六回は1点どまり、九回は敵失が絡んでの3点だった。