大型で非常に強い台風8号は7日午前9時現在、沖縄の南にあって、時速20キロで北西に進んでいる。8日にかけて勢力を拡大しながら沖縄地方に接近し、早ければ7日の夜遅くには宮古島・八重山地方が暴風域に入る見込み。

風速の人や建物への影響(沖縄気象台ホームページから)

 台風の中心気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。

 宮古島地方では7日昼前、沖縄本島地方では夕方から風が強まる。

 気象庁は7日、数十年に一度の自然災害が見込まれる際に発令する「特別警報」を、同日夜にも沖縄に発令することを検討していると発表した。