大型で非常に強い台風8号は7日、勢力を強めながら、沖縄の南海上を北北西に進んだ。気象庁は台風が「数十年に1度の強さ」で自然災害が見込まれる際の「特別警報」を、同日夜にも沖縄を対象に発表することを検討。実際に発表されれば、昨年8月末に運用が始まって以降、台風による基準では初となる。

 台風は7日正午現在、沖縄の南海上を時速約25㌔で北北西へ進んだ。中心気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50㍍、最大瞬間風速は70㍍。半径200㌔以内が暴風域となっている。

 沖縄県は7日、災害対策本部会議(本部長・仲井真弘多知事)を県庁で開いた。暴風警報が発令され次第、警戒態勢を立ち上げ、関係職員が情報収集や災害対策に当たる。

 台風の影響で日本航空(JAL)は7、8の両日、那覇と羽田、成田を結ぶ4便の欠航を決めた。スカイマーク(SKY)は、7日は那覇と石垣を結ぶ1便、8日は那覇、宮古、石垣を発着する全ての便が欠航。沖縄都市モノレールは7日は終日運行を予定している。那覇市の泊ふ頭ターミナル発着の船便は全便欠航。

 台風は、8日午前に沖縄県の宮古島に接近した後、進路を東寄りに変えて、6日から大雨が続く九州付近へ進む見通し。気象庁は、暴風や高波のほか土砂災害や浸水、河川の増水や氾濫などの災害に厳重な警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、沖縄では8日にかけて風が強まり、最大風速が久米島で55㍍、沖縄本島で50㍍の猛烈な風が吹き、最大瞬間風速も75㍍に達するところがある見通し。波の高さは最大で14㍍になると予想される。鹿児島県の奄美地方でも風速25㍍以上の暴風域に入る可能性がある。