女子サッカーの「なでしこチャレンジリーグ」参入を目指す琉球デイゴスは6日、新体制を発表し、初代監督に又吉浩樹氏(33)の就任を発表した。又吉氏は浦添市出身。陽明高女子を皮切りに、うないFC、てだこFCで指導に当たった。 2009年には日本協会公認B級コーチライセンスを取得。又吉氏は「ドリブルやスピードなど、沖縄のチームらしい身体能力の高さを生かしたサッカーで勝負したい」と抱負を語った。

琉球デイゴスの又吉浩樹監督(前列右から4人目)、喜納崇コーチ(同3人目)とトライアウト合格者ら=南城市陸上競技場(提供)

 また同日、南城市陸上競技場で行われたトライアウト(入団テスト)では、22人が受験し、15人の合格者が発表された。

 チームは、今後も選手獲得へ向けて県内外に呼び掛け、最終的には25人前後のメンバーで活動をスタートさせる予定。