大型で非常に強い台風8号は8日朝、沖縄本島南部の一部、久米島、宮古島、石垣島を暴風域に巻き込みながら、宮古島の東南東の海上を時速約25キロで北北西に進んでいる。沖縄電力によると午前7時現在、大東島を除く県内全域で約3500戸が停電している。公立学校は休校、県立6病院は救急を除き休診となった。航空・バス・モノレールの交通機関も始発から欠航または運休。沖縄自動車道は午前4時から全線通行止めとなっている。

モノレールも運休し、閑散としている那覇市内=8日午前6時50分

 8日午前5時48分、南城市糸数で最大瞬間風速38.6メートルを観測した。

 宮古島が8日午前2時ごろ、石垣島が午前5時ごろ、沖縄本島南部の一部と久米島が午前6時ごろ、暴風域に入った。

 沖縄本島地方と宮古島地方に暴風と波浪の特別警報、宮古島に高潮の特別警報が、石垣島に暴風警報が発表されている。台風は宮古島地方にかなり接近する見込みで、宮古島地方と沖縄本島地方では非常に強い風が吹いており、沖縄気象台は厳重な警戒を呼び掛けている。

 台風は宮古島の東南東約100キロの北緯24度20分、東経126度05分にあり、時速約25キロで北北西へ進んでいる。中心の気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心の東側280キロ以内と西側220キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。