大型で非常に強い台風8号で、沖縄気象台は8日午後、南城市と沖縄市、嘉手納町に新たに「大雨」の特別警報を発表した。暴風、波浪、高潮に次いで4つ目。土砂災害や河川の増水に警戒するよう呼び掛けている。

 特別警報は尋常でない災害の恐れがあり、直ちに命を守る行動が必要と気象庁が判断した時に発表される。台風や同程度の温帯低気圧の場合は「数十年に1度」の強さとしている。