8日夕方、大型で非常に強い台風8号の沖縄本島地方への最接近と、満潮時刻が重なる恐れがあり、その場合、宮古島地方と沖縄本島地方では潮位が標高2メートル以上となる。沖縄気象台は「厳重に警戒してほしい」と注意を呼び掛けている。

 気象庁が大雨特別警報を発表した本島地方は、9日午後3時までの24時間雨量は180ミリと予想されている。9日にかけて1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込み。大雨による土砂災害、低い土地での浸水、河川の増水やはん濫に警戒。

 各地の満潮の時刻は次の通り。南城市午後3時52分、沖縄市午後3時53分、那覇市午後4時17分、石垣市午後4時28分、宮古島市午後4時33分