「私がベトナムに出兵する時、人々は星条旗を振って見送ってくれた。しかし、車椅子に乗る体になって帰ってきた私の目の前で、人々は旗を焼いた。何を信じていいのかわからなくなった」 そう話すのは、映画「7月4日に生まれて」の原作者で脚本も担当したロン・コーヴィック氏。