沖縄県内のマグロはえ縄漁船の漁具被害の問題発生から約2カ月、漁業者側は米海軍に対して補償請求手続きに入った。ただ、日米地位協定の適用から外れる領海外で起きた被害で米政府相手に申し立てた前例はなく、米軍側がすんなり補償に応じるかの見通しは立っていない。「泣き寝入りはしない」。