初優勝を狙う19歳の比嘉一貴が好発進した。ティーショットが安定せず、うまくフェアウエーには残せなかった。それでも「安全策でいった」と第2打を着実にグリーンに乗せてノーボギーでしのぎ「チャンスを着実にものにできた」と好機を逃さずに決めてバーディー量産につなげた。