8日から9日にかけての猛烈な雨で、うるま市の天願川が氾濫した。川の北側に位置する天願集落は床上浸水や車両の水没など、大きな被害を受けた。住民の男性は「朝6時ごろから家に水が入ってきた」と証言した。被害の模様を写真と動画で紹介する。(デジタル部・比屋根真澄)

天願川が氾濫し、集落に大量の水が流れ込んだ。車両2台が水につかっていた=7月9日午前9時ごろ、うるま市天願(比屋根真澄撮影)

浸水した軽乗用車=7月9日午前9時ごろ、うるま市天願(比屋根真澄撮影)

駆けつけた消防隊員。右の隊員の胸の高さまで水がたまっていた=7月9日午前9時ごろ、うるま市天願(比屋根真澄撮影)

民家のプロパンガスが水に浮いていた=7月9日午前9時ごろ、うるま市天願(比屋根真澄撮影)

増水した天願川=7月9日午前9時ごろ、うるま市天願(比屋根真澄撮影)

天願川が氾濫し、集落に大量の水が流れ込んだ。車両2台が水につかっていた=7月9日午前9時ごろ、うるま市天願(比屋根真澄撮影) 浸水した軽乗用車=7月9日午前9時ごろ、うるま市天願(比屋根真澄撮影) 駆けつけた消防隊員。右の隊員の胸の高さまで水がたまっていた=7月9日午前9時ごろ、うるま市天願(比屋根真澄撮影) 民家のプロパンガスが水に浮いていた=7月9日午前9時ごろ、うるま市天願(比屋根真澄撮影) 増水した天願川=7月9日午前9時ごろ、うるま市天願(比屋根真澄撮影)