台風8号の影響で9日、沖縄自動車道の全線通行止めが続いた。沖縄北IC-石川IC間で土砂崩れがあり、復旧工事を終えた9日午後11時、43時間ぶりに解除された。那覇空港自動車道は9日午前7時半に通行を再開した。

 県内を発着する空の便は大半が運航したものの、11便が欠航し約千人に影響が出た。10日もソラシドエアの宮崎、鹿児島路線で計3便、全日空の鹿児島路線1便の欠航が決まっている。

 船の便は9日、本島周辺の離島や本土航路を中心に159便が欠航した。