台風8号が通過して安心する間もなく、沖縄本島は9日朝から激しい雨に見舞われた。土砂崩れと浸水が多発し、被害に遭った住民は呆然(ぼうぜん)自失。通行止めや渋滞に、学校の休校判断の遅れも加わり、朝の通勤・通学時間は混乱を極めた。