8月10日にうるま市石川多目的ドームで開かれる夏の全島闘牛大会(主催・県闘牛組合連合会、後援・沖縄タイムス社)の組み合わせが10日夜、県闘牛組合連合会の報告会で決まった。

夏の全島闘牛 対戦表(下は牛主)

 報告会はうるま市の舞天館であり、連合会役員、各地の単位組合長、出場牛の牛主らが出席した。

 2010年からスタートした「夏の全島」は中量級(体重970キロ以下)と軽量級(体重850キロ以下)のタイトルマッチを目玉にするビッグイベント。注目の2タイトルマッチ(中量級、軽量級の優勝旗争奪戦)はいずれも現チャンピオン(中量級は闘将ハヤテ、軽量級は大蛇王)の防衛戦となる。

 中量級はデビューから無傷の10連勝を誇る闘将ハヤテが6回目の防衛をめざす。この階級では敵なしの感も出てきたハヤテが今回どんな戦いをみせるのか、大いに注目される。挑戦牛に選ばれた有心富士若も無敗牛(6戦全勝)で勢いは互角。接戦に持ち込み、スタミナ温存の戦いができれば新チャンピオンの可能性がある。

 軽量級は徳之島からの移籍牛同志の対戦。2月に軽量王座を獲得し、5月春の全島で初防衛を果たした大蛇王が(沖縄移籍後5連勝)2度目の防衛に挑む。無類の持久力でチャンピオンの座にかけあがった大蛇王の牙城を脅かすのは龍天龍鬼丸。徳之島時代より移籍後の活躍が華々しい荒技牛で、破壊力満点の攻めで人気花形牛にのし上がっている。スタミナにやや不安があるが、前半5分の攻めは怒とうの勢いがある。会場を揺るがす大激戦が期待できそうだ。

 大会の開始時間は午後1時から。(又吉利一通信員)