【宮古島】台風8号の接近で7日、全国初の特別警報が出された宮古島市の下地敏彦市長が警報発令後も、市役所平良庁舎の市長室で市幹部3人を含む職員約5人と飲酒していたことが10日までに分かった。東京出張していた担当職員から報告を聞いた後、「激励と慰労を兼ねて飲酒した」と経緯を説明した下地市長は、「食事の提供はともかく、酒を提供したことは控えるべきだった」とコメント。「あの時点では風も強くなかった。状況判断はしている。飲酒自体が主眼ではなく、許容範囲だと思っている」と述べた。

飲酒した経緯について、説明する下地敏彦市長=10日、宮古島市役所

 同市は気象庁が暴風警報を発表した7日午後4時13分、長濱政治副市長を本部長とする災害警戒本部を設置。同午後6時20分に暴風と波浪の特別警報が出されると、職員80人態勢の災害対策本部に格上げし、本部長に下地市長が就いた。

 市の説明によると、下地市長は業務終了後の午後6時すぎから、市が8月に東京で1カ月間にわたって出展予定のイベント担当職員と、東京での打ち合わせ内容について報告を受けた後、軽食を食べながら泡盛を飲んだ。

 その後、同7時半ごろ、下地市長は「(台風が接近しているので)早めに帰りましょう」とその場を切り上げ、市の災害対策マニュアルに従って自宅待機したという。

 下地市長は市民の安全確保に「十分配慮して対応していた」とし、「あの時点では風も強くなかった。食事を用意し、少し酒を飲んだだけで飲酒自体が主眼ではなかった」と釈明。「オトーリは1回ほど回した。宮古の習慣だから」とも述べた。

 下地市長の行動に対し、別の市幹部は「基本的にまずい。軽率な行動をしないように今後、気をつけてほしい」と眉をひそめた。