ゴルフの日本選手権第4日は11日、宮城県利府GC(7076ヤード、パー72)でマッチプレーによる準々決勝、準決勝を行い、比嘉一貴(本部高―東北福祉大、パブリック協会)は準々決勝で片岡尚之(シェイクスピア)に1アップ、準決勝で石徳俊樹(広島国際)に4アンド2で勝ち、2年ぶりに決勝に進んだ。

 最終日の12日、比嘉は初優勝を懸けて小木曽喬(富士C可児)と対戦する。