【名護】稲嶺進名護市長は11日、シュワブ内陸部に未公表の施設建設計画があるとの報道を受け、国からの説明はないとした上で「これまで国や推進派は辺野古移設が負担軽減になると強調してきた。新しい機能や施設ができることは説明がつかない」と指摘した。防衛省や県に真相を明らかにするよう要請する構えだ。