ゴルフの日本アマチュア選手権最終日は12日、宮城県利府GC(7076ヤード、パー72)でマッチプレーによる決勝(36ホール)を行い、福井工大福井高3年の17歳、小木曽喬(富士C可児)が東北福祉大1年の19歳、比嘉一貴(本部高出、パブリック協会)を1アップで下し優勝した。比嘉は2012年大会以来2度目の準優勝となった。