読谷が終盤のチャンスをものにして、15年ぶりに8強入りを決めた。上原健監督は「これが本来のうちの野球」と緊迫した接戦を制し、満足げだった。「どうしても先発したかった」と読谷のエース富田敦己は、直球とスライダー主体の配球で1安打完投。失点も、初回の1点のみで、エースの意地を見せた。