今大会最長となる延長十三回の熱闘は、知念の劇的なサヨナラ勝ちで幕を閉じた。 延長十三回表、知念は1死満塁のピンチを銘苅瑞輝が、2者連続三振で切り抜けると、裏にチャンスが訪れる。2死から5番松岡橋矢が二塁打で出塁、糸数辰信監督は「ここだという勝負どころ」にとっておいた徳嶺一貴を代走に起用。