女子団体は小禄が43年ぶり2度目の優勝を果たした。決勝トーナメントには先に4チームが出場を決め、小禄は6チームによる同中競射で、残り4枠に滑り込んだ。 「ギリギリで予選を通った。チャンスをフル活用しようと気合が入った」と2年生の屋我美紀子。