比嘉一貴は4ホールを残して1アップとリードしたものの、突き放そうと「勝負をかけた」続くホールで第1打を池に入れるミス。流れをつかみきれずに逆転され、悔し涙でクラブハウスに引き揚げた。