男子読谷は全国選抜王者の大村工業に延長八回2-3でサヨナラ負けした。 善戦だった。相手投手に14三振を喫したが、徐々に球を見極めていった中盤以降は読谷の流れだった。 1-2で迎えた五回、3番伊波翔太の二塁手の頭上を越える適時打で同点。だが4番熊崎海斗がバント失敗の併殺と後が続かなかった。