高校野球の第96回全国選手権沖縄大会第9日は13日、コザしんきんスタジアムほかで準々決勝を行い、沖縄尚学、糸満、宜野座、浦添商業が準決勝に進んだ。

美里工-浦添商 延長15回裏浦添商1死満塁、伊禮航輝がサヨナラスクイズを決める=沖縄セルラースタジアム那覇(田嶋正雄撮影)

 浦添商は延長十五回、伊禮航輝がスクイズを決めて3-2で美里工にサヨナラ勝ちした。宜野座は19安打で12-11と読谷に打ち勝ち、10年ぶりの4強進出。

 連覇を目指す沖尚は、先発の山城大智が7回無失点と好投し、7-0の七回コールドで嘉手納を下した。

 糸満は、1点を追う四回に2連続スクイズと赤嶺祥吾の2点適時打で逆転に成功、知念を6-2で退けた。第10日は19日、コザしんきんで準決勝、沖尚-宜野座、糸満-浦添商の2試合を行う。

[13日の結果]

▽準々決勝

沖 尚 7-0 嘉手納

宜野座12-11読 谷

糸 満 6-2 知 念

浦添商 3-2 美里工

[19日の試合]

▽準決勝

〈コザしんきん、10時〉

沖 尚 - 宜野座

糸 満 - 浦添商