サッカーの第94回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第4日は13日、各地で2回戦が行われた。J3のFC琉球は、神奈川県ShonanBMWスタジアム平塚で、J2湘南ベルマーレと対戦し、1-2で敗れた。

2回戦 湘南-琉球 相手選手と競り合う琉球のMF藤澤典隆(右)=ShonanBMWスタジアム平塚(球団提供) 

 琉球は、前半35分にDF浦島貴大のヘディングシュートで先制した。だが後半7分、同点に追いつかれて延長戦に突入。延長前半12分に湘南にPKを与え、DF丸山祐市に決勝点を決められて惜敗した。

 初戦だった関塚新監督のJ2千葉は森本の2得点などでJ3長野を3-2で下し、3回戦に進んだ。J1の鳥栖と新潟、J2の水戸、大分、愛媛、京都、北九州、富山、山形も初戦を勝ち上がった。

 前回大会4強の鳥栖は豊田の2得点などで徳山大(山口)を4-1で退け、新潟は鈴木のハットトリックなどでサウルコス福井に8-1と大勝した。