県水産課は14日午前9時すぎ、名護市辺野古の新基地建設工事に先立つ海底ボーリング調査に向けて事業者の沖縄防衛局が提出した協議書を受け取った。書類に不備がなければ、本日中にも受理し内容審査に入る方針。県による内容審査が終わり次第、防衛局が調査に着手するための法的な環境が整う。

海底ボーリング調査に向けて沖縄防衛局が提出した協議書に収受印を押す県水産課の職員=14日午前9時すぎ、県庁

 県と防衛局は先月から協議書提出に向けた事務調整を進めており、内容審査は週内にも終わる見込み。防衛局は埋め立て本体工事のための岩礁破砕許可申請も一緒に提出した。