今月6日にモンゴルのウランバートルで行われた柔道グランプリ大会で、男子100キロ超級を制した七戸龍(那覇西高-福岡大-九州電力)が14日県庁を訪れ、高良倉吉副知事に優勝報告した。次戦の世界選手権(8月25~31日・チェリャビンスク=ロシア)へ向け「最低でもメダルを取りたい」と意気込む。