【豊見城】オキコストアとオキコが豊見城市産トマトを使用したトマトのレアチーズケーキ(本体264円)と市産マンゴーを使った菓子パン「アゴマゴちゃんのマンゴーホイップメロン」(同130円)を15日から沖縄県内で発売する。オキコの地域応援プロジェクト「Yummy!UCHINA」の一環。

オキコストア、オキコがそれぞれ販売する「トマトのレアチーズケーキ」(右)と「マンゴーホイップメロン」

豊見城市の特産品を使った「トマトのレアチーズケーキ」「マンゴーホイップメロン」をPRする宜保晴毅市長(右から5人目)ら関係者=14日、豊見城市役所

オキコストア、オキコがそれぞれ販売する「トマトのレアチーズケーキ」(右)と「マンゴーホイップメロン」 豊見城市の特産品を使った「トマトのレアチーズケーキ」「マンゴーホイップメロン」をPRする宜保晴毅市長(右から5人目)ら関係者=14日、豊見城市役所

 レアチーズケーキは、レアチーズのムースに豊見城市産のトマト「ちゅらとまと」のピューレを使用。主な購買層を女性に絞り、8月末までに3万個の販売を目指す。県内ファミリーマートや洋菓子店のトレビアンなどで販売する。

 マンゴーホイップメロンは昨年9月に続き2度目の販売で、昨年の3万3千個を上回る5万個の売り上げを目標に掲げた。

 商品の企画は両社をはじめ沖縄特産販売、JA豊見城支店、豊見城市が連携。豊見城市役所であった14日の記者会見で、オキコストアトレビアン事業部の比屋根和弘営業部長は「トマトと相性のいいレアチーズケーキの味と香りを楽しんでほしい」とPRした。