京セラは、高耐久性携帯電話として北米市場で売り出すTORQUE(トルク)シリーズの最新機種GO1を今夏から国内市場でも取り扱う。シリーズ初のスマートフォンでアンドロイドOSを搭載。米国防総省が定める耐久試験に合格した高い耐久性を誇り、防水や防塵(じん)、耐衝撃に加え、塩水耐久性や防湿性なども兼ね備える。全国のauショップで取り扱い、県内では7月末の発売予定。

高耐久性スマートフォン「トルク」をPRする京セラ沖縄所長の中村浩二氏=沖縄タイムス社

 高い耐久性能に加え、操作性も追求。手袋をした状態や、ディスプレーがぬれた状態でも問題なく動かせる。また屋外環境でも相手の声がクリアに聞こえる京セラ独自技術を搭載している。ワイヤレス充電にも対応する。

 京セラの中村浩二沖縄営業所長は「防音、防湿、塩水耐久など沖縄の環境にふさわしいスマホだ」とPRした。