【与那原】旧暦6月15日に与那原地域の子どもが綱を引く「ウマチー綱小」が11日夜、与那原町与那原の中央通りで行われた。与那原大綱曳(ひき)の前哨戦として、約250人の児童生徒らが参加。本番同様、東西に分かれて力いっぱい綱を引いた。

児童ら約250人が参加し、東西に分かれて綱を引いたウマチー綱小=11日、与那原町

 対戦を前に、参加した子どもらは東西各20メートルの綱を担ぎ、与原保育園の園児が作った旗頭を先頭に「ハーイヤ」の掛け声で地域を練り歩いた。

 綱引きの1回戦は西、2回戦は東が勝利した。ソフトボール部の仲間と綱を引いた与那原中3年の照屋佳穂さん(14)は「ウマチー綱は初めて。思ったより引っ張る力が強くて驚いた。今年の大綱曳は、高校入試の合格を願って引っ張りたい」と話した。

 与那原大綱曳は27日、町与那原の御殿山青少年広場で行われる。