知的障がい者による卓球のFIDジャパン・チャンピオンシップ大会は12、13の両日、横浜市平沼記念体育館で行われ、男子ダブルスで新垣蒼・伊波優人組(琉球スポーツサポート)が予選リーグ2勝1敗で16強による決勝トーナメントに進み、1回戦で敗れて16強だった。新垣はシングルスでも過去最高の16強入りを果たし、日本ランキング入りへ可能性が出た。

ジャパン・チャンピオンシップに出場した(左から)石川綾馬、松田大輝、伊敷航平、伊波優人、新垣蒼=横浜市平沼記念体育館(提供)