学童軟式野球の第20回おきでん旗争奪・第119回県大会(主催・県野球連盟、沖縄タイムス社、協賛・沖縄電力)の開幕を前に、優勝・準優勝チームに贈られる盾とメダルの贈呈式が15日、沖縄タイムス社であった。

沖縄電力の本永浩之総務部長(左から3人目)から古波蔵廣県野球連盟会長(同4人目)に優勝盾が贈呈された=沖縄タイムス社

 沖縄電力の本永浩之取締役総務部長は「おきでん旗大会は今年で20回の節目を迎える。毎年非常にレベルの高い試合が繰り広げられている。九州出場を目指し、日ごろの成果を発揮してほしい」と期待した。盾を受け取った県野球連盟の古波蔵廣会長は「沖縄の学童野球は日本でもトップクラスになった。皆さんの支えに感謝したい」と述べた。

 大会は19~21日、北谷町公園ソフトボール場を主会場に開催。地区予選を勝ち抜いた32チームが出場する。