「速いテンポで仕掛け、ボールを外に回せば、勝機はある」。名護の大城享介主将は、勝利へのゲームプランをイメージした。  15人制と同じ広さのグラウンドを使用する7人制(セブンス)では、相手防御網の裏に抜け出すことができれば、一気にトライを奪える。 大城主将は「走力では負けていない。