【竹富】竹富町の川満栄長町長が辞職の意向を固めたことが、16日までに分かった。先月の竹富町議会で野党議員が辞職勧告決議案を可決するなど議会との対立が原因。川満町長は次期町長選の出馬が濃厚で、首長が任期途中で辞任し、再出馬する「出直し選挙」は県内初とみられる。

川満栄長竹富町長

 野党議員によると、川満町長は辞職届をすでに議長らに託しており、23日にも辞意を表明する見込み。

 川満町長は石垣市にある現町役場の町内移転を公約。1期目当初は与党多数だったが役場移転をめぐる行政手続きで議員に反発が広がり、現在は町議会定数12人中、与党4人、野党8人の苦しい町政運営を続けていた。

 先月の町議会では、野党側が提出した川満町長への辞職勧告決議案が可決。川満町長は「違法なことはしていない」と反発していた。

 関係者によると、野党側は新たな行政ミスを指摘し、百条委員会の設置を迫ったため、川満町長が辞意を伝えたという。