2、3年前に始めたフェイスブックに毎朝、ちょっとしたダジャレを入れたあいさつを書いているんですよ。前日にいやなことがあって、引きずる場合もあるんだけど、ダジャレで、頭の体操もしながらポジティブなメッセージを書く。みんなが元気になるようにというのがあるんだけど、自分のためでもある。今日1日楽しくすごすためにね。僕の心の健康の秘訣(ひけつ)かもしれない。

「沖縄の明るい太陽や青い海は気持ちを明るくするよね」と話すジョニー宜野湾さん=沖縄タイムス社

 笑いは大事。おかしいことがなくてもワハハと笑ってみると何だかおかしくなる。悩みがあるときも、笑ったら、吹っ飛んでしまうようなところがある。

 ぼくは大酒飲みのように見えるけど、そうでもないんです。毎日飲むけど、そんなにたくさんは飲まない。外で飲む場合も、午前零時までには切り上げて家に帰って寝ようと心がけています。朝型なんですよ。4時、5時には起きます。ミュージシャンは不規則な生活になりがちだけれど、そういう風にリセットしていくというのかな。

 のめり込んでしまうタイプで、例えば肉体改造をしようとマンションの階段を上り下りしたり、筋トレしたりする。しばらく続けて、疲れたら休む。無理はしない。マイペースですね。

 実は血圧が高いんです。10年ほど前から降圧剤を飲んでいる。ひと月に1度、病院に行くんですが、先生といろんな話をする。何でも相談しますね。

 周りに元気な50、60代がいますが、皆さん、無理はしていないね。あんまり神経質にならないで、人生を楽しみたい。80歳を超えても歌って、おもしろおかしいことが言えていたら、最高だね。

……………………………………

 じょにー・ぎのわん 本名・佐喜真優。宜野湾市出身。1982年、沖縄出身の4人組ロックバンド「ハートビーツ」のギタリストとして全国デビュー。86年に解散後、帰沖。98年から「県産品歌手」としてソロ活動をスタート。代表作に「うりひゃあでぇじなとん」「一本道」など。3人組ウクレレユニット「ジョニー宜野湾&WALEWALE」としても活動中。県内3カ所でウクレレ教室主宰。