国立劇場おきなわの組踊公演「月の豊多」(田里朝直作)が26日午後2時から、浦添市の同劇場である。亡き夫への一途な愛を貫く女性・月の豊多の物語。立方指導の金城清一は「田里の作だが敵討物でないのが珍しい。心理描写が重要だ」と話す。