「大潮・中潮周りで食いつきが良い」と話すのは本部海岸の防波堤でカーエーを狙う山城幸光さん。棒ウキ仕掛けを使用するが、最大の特徴は道糸にPEラインを取り入れた点。メリットは直線強度に優れ、ウキに伝わる魚の反応が一段とクリアになることだと解説する。